フォネティカナ

日本への複数回の旅行や、その言語を読むことができないという不満は、ジョンソン銀行の独特のタイポグラフィプロジェクトを引き起こしています。今年の早い段階で、何らかの形で英語と日本語のスクリプトを組み合わせることができるかどうかを見始めました。

日本国内で使用されている3タイポグラフィスタイルの一つは、本質的に表音で、呼ばれているカタカナ。私たちは、カタカナの文字形式に音声の音を組み込む方法を模索してきました。

ここでは例です-ユニクロは、日本では、4明確な音節、U、ニッケル、Q、ロー(彼らは実際にこのように話されている、と発音されるユ・ニー・クー盧)。これらの音には4つのカタカナが使われています。

素晴らしいですが、あなたが音を学んでいない限り、あなたは賢明ではありません。我々は呼んで私たちの書体では、「?? Phonetikana」、それは次のようになります。

Phonetikana

Multiple trips to Japan and constant frustration at being unable to read the language has sparked off an unusual typographic project at johnson banks. Earlier in the year we started seeing if we could combine the English language and Japanese script in some way.

One of the three typographic styles that is used in Japan is essentially phonetic, and is called Katakana. We’ve been attempting to find ways to incorporate phonetic sounds with the Katakana letterforms.

Here’s an example – UNIQLO, in Japanese, is pronounced with four clear syllables, U, Ni, Q, Lo (they’re actually spoken like this, Yoo Nee Koo Roh). There are four katakana used for these sounds.

Looks great, but unless you’ve learned the sounds, you’re no wiser. In our typeface, which we call ‘˜Phonetikana’, it would look like this.

コメントを残す